ウェディングギフト
A new departure of marriage is congratulated.
内祝いという風習と意味
内祝いの贈り方
引出物の相場
今人気のある引出物
ウェディングに最適なギフト
引き出物を贈る風習と意味
押さえておきたいお洒落な引き出物
引出物のマナー
引出物の贈り分け

お祝いとなる様々な行事

人生における祝い事と言えば、出産祝いや結婚祝い、お子さんの入学祝いや就職祝いといったものが一般的です。他にも、新居を構えた際に行う新築祝い や未成年から成人へと扱いがかわる成人祝いもあります。これら祝い事は古くから日本に伝わる風習であり、その祝う習慣の一つとして内祝いがあります。この ページとは内祝いという風習とその意味についてご説明します。

内祝いとは・・・

上項目で挙げたような様々な祝い事がある日本では、祝い事があった時にはこの祝いによる幸せ・幸福感を他の人におすそわけする習慣が残っており、こ の時に送る贈り物を内祝いと言います。よく「祝い事で頂いた品のお返しとして贈る品」を内祝いとするという間違いがありますが、厳密にはお返しとしての意 味合いではなく、あくまでも幸せをおすそわけするという”幸せの共有”とも言える精神から来る一つの礼儀作法なのです。幸せの共有という概念に近しいもの として「あやかる」という言葉もよく聞きますが、こちらは祝ってもらう側ではなく祝う側、つまり当事者のまわりの友人・知人・親族といった人たちが抱くこ とものとなります。幸せな人の近くにいくと幸せを分けて貰えるという古くからの考えから”幸せをあやかる”となり、内祝いの場合は内祝いを贈ってもらった 人が幸せをあやかる形となるのです。苦楽を共有することで連帯感、親密度を深めようという精神の元に生まれた”内祝い”は、当事者だけでなく他の人にも一 緒に喜び、祝って貰おうという素晴らしい行為だと言えるでしょう。内祝いとは「幸せのおすそわけ」

地域によって様々な内祝いの風習

一口に内祝いと言ってもその土地土地に伝わる風習によって細部が微妙に違うと言われています。同じ日本国内でも各土地、地域によって言語、習慣等が 違うのと同じように、内祝いも細かな点で違いが見られます。とは言っても、内祝い自体の意味や行為に違いがあるという訳ではなく、贈る品や贈る相手、マ ナー等に違いがあるということです。管理人個人の話で大変恐縮ですが、私の住んでいる地域では内祝いは両親・兄弟・姉妹・祖父母等に贈らなくても良いとし ていますが、他の地域ではきっちりと内祝いの品を贈るところもあります。(贈らなくても良いとはしているものの、祝い事の礼儀として半返しを贈るようには しています。)贈る品も様々で、出産祝いの時は生まれてくる赤ちゃんの名前入りのものや写真等があると贈られた側が扱いに困るという理由で避ける地域もあ れば、逆に名前と写真を送ることで広く認知されるという意味で進んで贈るという地域もあるようです。他にも、贈られた品の扱いという点から消耗品を贈るこ とが通例となっている地域や逆にメモリアル系の写真等を贈ることを通例としているところもあるそうです。また、内祝いと言っても何に対しての内祝いなの か、出産祝いなのか結婚祝いなのか、または入学祝いなのか成人祝いなのか、といった内祝いの対象となる行事によっても贈る品には違いが見られるので、ちゃ んとその対象に相応しい内祝いの品を贈るようにしなくてはいけません。このように、各地域・土地柄によって内祝いの考え方・贈る品に違いがみられるので、 実際に内祝いを行う際にはどのような品を贈るのが一番適しているのかを事前に調べておくことをオススメします。内祝いの準備を進めるときは「備えあれば憂 いなし」の考えをお忘れ無く。

Valuable information