ウェディングギフト
A new departure of marriage is congratulated.
内祝いという風習と意味
内祝いの贈り方
引出物の相場
今人気のある引出物
ウェディングに最適なギフト
引き出物を贈る風習と意味
押さえておきたいお洒落な引き出物
引出物のマナー
引出物の贈り分け

失礼のないよう引き出物のマナーを把握

祝い事に参加してくれたお礼として贈る引き出物。引き出物に限らず祝い事とそれに伴う贈り物にはマナー、ルールというものが存在します。折角の祝い 事なのに失礼に値するような行為、マナーではお互いの気分を害してしまうので、無用なミス・トラブルを避けるためにもまず基本であるマナーについて把握し ておきましょう。このページでは引き出物のマナーについてご説明します。

引き出物選びは慎重に

結婚式で参加者に贈る引き出物は、言うなれば結婚する二人から参加者へと贈る初めてのギフトです。一生に一度、思い出に残るイベントにしたいと願う 二人の気持ちがこもった品とするためにも、貰う側の気持ちを考えた、貰って嬉しいと思える品を贈るように心掛けなくてはなりません。引き出物で一番大事な ポイントは「貰って嬉しい品」と「荷物にならない」という2点。この二つを抑えた商品を探すのが最優先です。貰って嬉しい品というのは貰う人の性別や年代 によって違いがあるので、一概に「○○なら貰って嬉しい」「○○は貰っても嬉しくない」という判断がしにくいものです。単純に考えれば「多くの人が好む品 かつ荷物にならないもの」となり、参加者全体の男女の割合や年代から品を選ぶことになります。人が喜ぶ物を選ぶというのは引き出物のマナーの一つです。

引出物のマナーとしての最低条件

引き出物を贈る二人のセンスが光る

「貰って嬉しい品」と「荷物にならない」という二つの点は引き出物を選ぶ上で最低限押さえておくポイントであって、これら2点を抑えているからと 言って必ずしも結婚する二人が参加者に送りたい品となるわけではありません。結婚式の引き出物は前述のように結婚する二人から参加者への贈り物なので、二 人が納得した贈り物でなければ意味がないのです。最終手段としてカタログギフトを選ぶという手段もありますが、これだと本当の意味で二人が納得して選んだ 物を贈ったことにはならないでしょう。品物を選ぶ二人のセンスが問われると言っても過言ではない引き出物。品物選びのセンスにかかっていますので、納得い くまで検索してみましょう。インターネットや携帯端末による情報検索が容易となっている今、検索エンジンで”引き出物”と検索するだけでも多くの情報を閲 覧することが可能です。興味のある方は是非検索して自分が納得の行くような引き出物を選んでみて下さい。

昔ほど流行ではない名前入りの品

結婚式の引き出物として以前までよく利用されていたものに「名前入りor写真入りの品」があります。記念品としての意味あいも強い引き出物なので、 タオルやカップ、皿等に名前や写真を入れて贈るのも悪くありませんが、最近の風潮では名前や写真が入った品は好まれていないようです。理由としては、形と して残るもので記念となる品をずっと持ち続けるのが大変であったり名前が入っていると自宅で使いづらいというものが挙げられます。名前が入っているものが 逆に少なくなっている今、名前や写真を入れた品を引き出物とするのは意外性があると思いますが、人によっては名や写真入りのものを好まない人もいるので、 「貰って嬉しい物を贈る」というマナーから考えて名前入りの品を避ける場合もあることを覚くといいでしょう。結婚する二人の名と写真が入っている場合でも 品自体のデザインや実用性で問題ないケースもあるので、ケースバイケースで名前・写真を入れるかどうかを決めるようにしておきましょう。

引き出物は験をかついで

祝い事の席で振る舞う料理や贈られる品は大抵験をかついだ品、数が用いられています。これは引き出物のマナーとしても知られていますが、例えば、結 婚という祝い事においては不吉な数字となる4や6といった数字は避けるように配慮されています。(お菓子の詰め合わせでも偶数ではなく奇数で統一したり、 おそろいのカップを贈る際にはお皿を一つ加えて計3つにするなど)祝い事の際には不吉な事象を極力避けるのが通例で、冠婚葬祭におけるごく基本のマナーと なっています。偶数の数字は割ることができる=別れるを連想することから避けるようにし、皿なども割れる危険があるから避ける、というマナーもあるようで す。今ではそこまで厳しくマナーを守る習慣はありませんが、折角の祝いの場にふとしたことから不吉をかんじさせるような真似はしてはいけないので、引き出 物の品自体の数について調べておきましょう。